ヤマセミ


 


 2021年 (秋 21)

 (第一幕)
 今日は、前回と同じ渓流へ。すると、この秋に初めて見る♂がやってきた。前回いた♂は、胸の茶色が小さくて、この♂とは違う(参照:最下欄)。
 新たな♂は、正面からまっすぐカメラに向かってくる。そして、小石を敷き詰めたような川原に下りた。
 川原に下りるのは、珍しいこと。??と、思って視野を広げると、すぐ近くに♀の姿。
 あとで気づいたが、この♂は①の場面で近くに来た♀に心を奪われ、黒い石に止まるタイミングを逸してしまった。
 そのために黒い石を通りすぎてしまい、再び羽を丸く広げてブレーキをかけ、川原へ下りたのであろう。
 だとすれば、「久米仙人」のようで、まだ、まだ、修行が足りないのかも ^^
 (第二幕へ続く)
 
 
 


① 初めて見る♂がやってきた



② 下の黒い石の止まる、と思ったら



③ 通過



④ 再び羽を丸く広げてブレーキをかけ、小石の川原へ



⑤ なぜ川原に??、と思いいながらあたりを見ると・・・(第二幕へ続く)



 
参考
前回いた♂は左 (右は♀) 







Back