アオバズク


 


 2020年 (夏 20)

 今日は鳥見の梯子。最初は、A地を訪ねてみた。すると、二羽の親鳥が高いところでお昼寝中。ところが、カラスの声がすると、瞬時に目を開いて即応態勢に。
 その両親のもとで育っているであろう、幼鳥の巣穴を探してみる。しかし、見つけることはできなかった。次は幼鳥が巣立つ頃を見計らい、また立ち寄ってみたい。
 続いて、前回訪ねたB地へ車で移動。ここでは幼鳥が大きく育っていて、狭い巣穴は窮屈そうに見える ^^
 こちらも巣立ちに出合う幸運を願い、また訪ねてみたい。
  
 
 


最初に訪ねたA地

巣を見張る親鳥





 
続いて訪ねたB地

巣穴に、お猿



いえいえ、向きを変えると幼鳥でした ^^



姿を見せた二羽 大きくなって窮屈そう 巣立ちはもうすぐ




  === 上欄B地・その後のこと ===

 幼鳥の巣立ちを見届けたいと思い、中1~2日で観察に出かけていた。ところが、ある日の朝訪ねると、巣を見張っていた両親、幼鳥ともに姿が見えなくなっていた。
 近くに住んでいる人によれば、「昨日の夕方まではいたので、夜のうちに山へ移動をしたのでは」とのこと。残念無念 
 巣立ちを見届けられなかったのは心残りであるが、アオバズク一家の無事を願い、来年の再会を期待して待つことにしよう。
 




Back