カワセミ


 


 2020年 (夏 16)

 カワセミの観察は久しぶり。と、いうのも、今年は初夏の頃から雨が多く、それまで出かけていた川は水量の多い状態が続いている。その影響で、カワセミもエサを捕りやすいところへ去ってしまった。
 そこで、今日は里山にある池を訪ねてみた。すると、カワセミの幼鳥が数羽、右に左に飛び交っているところに出合った(^^)(^^)。ここにいる幼鳥は、♂が2羽と♀が一羽の3羽である。
 まずは、♂の幼鳥。幼鳥はかなり前に巣だっているようで、止まり木がらの飛び込みや元の止まり木へ戻る様子は既に一人前。親からは、完全に自立しているように見える。次の機会には、狩をするところも見てみたい。
 
 
 


♂の幼鳥



止まり木から水中へ



水中から飛び出し・・・



羽ばたいて



空中へ・・・



止まり木へ帰還で~す ^^♪♪




 


Back